« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

アドベントカレンダー Ver お茶

Adventall  SONNENTOR TEE ADVENT KALENDER
名 称:?
メーカー名:ゾネントア社(オーストリア)
値 段:840円
内容量:33g(24種類のティーバッグ)
輸入者:(有)フローリッシュトレーディング
備 考:オーガニック。
www.sonnentor.com

明日からこれにチャレンジ。24メニュー全てドイツ語。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

ヴィジュネ♪

Darksweetcherry  DARK SWEET CHERRY ダークスウィートチェリー
名 称:チェリージュース
販売者:小岩井乳業㈱KKH
値 段:126円(?)
内容量:200ml
比 率:濃縮還元100%
備 考:キリンビバレッジとトロピカーナの提携に基づき、小岩井乳業がお届け♪

 一体何処産のチェリーだ?ちなみに日本のは桜桃といって、サワーチェリーの部類に入るらしい(味はともかく)。
 ヴィジュネやモレロが好きな自分としては、やはりチェックをしておかねば!と言って購入したものの、味が意外とあっさり目でちょっと寂しい。
 
 サクランボ=ジュースと結びつきにくい方々にはおすすめしたいが、人気がなかったのか、材料がなかったのか、出てすぐ姿を消してしまった。
 まだどこかで売っているだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月28日 (火)

うぃんたぁ~

Seasonsbest2006winter  SEASON'S BEST 苺の味わい
名 称:果実ミックスジュース
製造者:小岩井乳業㈱KKH
値 段:?円
内容量:250ml
熱 量:55kcal/100ml
備 考:キリンビバレッジとトロピカーナの提携に基づき、小岩井乳業がお届け♪

 このシリーズは挫折せず続いております。今まで日本の会社が二社ほどチャレンジしましたが、一年ちょいとで挫折していました。
 
 ベースは林檎と白ブドウ、赤ブドウ。その上に苺。
 四つの味はよく分かります。林檎→白ブドウ→苺→赤ブドウという順で味が巡ります。ので、「苺!!」な味を期待している人はちょっとがっかりかもしれません。
 去年度のような個性的な味ではないので、手を出し易く飲み易いかと思われる。

 ブレンドモノのジュースは、・・・・・・まぁいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

無花果には整腸作用があるとか?

Figyog  FIG&YOGURT いちぢくとヨーグルト
製造者:安曇野食品工房AKO
値 段:?円
内容量:200g
熱 量:1本135kcal

 何だか後ろからツッコミが来そうだなぁ・・・・・。「無花果が嫌いなくせに、何故買う!?」と――。
 ドライド白無花果を赤ワインと蜂蜜で煮込んだヤツに、本場の涙が出るような酸味のヨーグルトをかけ、ぐ~るぐる×2ものは比較的好きな方だが・・・・・・はっ!!誰ですかそこで鯉口を光らせている輩は!
!
 ↑オフラインのテンションを露出してどーするよ。

 それはともかく、無花果特有のぷちぷち感は、なくはない。ただ、それが好きぃーっ♪という人には相当の物足りなさを感じるかと思う。
 逆に無花果がちょっと苦手という人でも大丈夫かと。何故なら無花果の果肉の他に白桃の果肉が入っているから。味もある程度白桃によって緩和されている。
 個人的にはもう少しヨーグルトに自然な酸味があってもいいと感じる。

 そういや無花果って、人類との付き合いは長いやあなぁ。何てったって『創世記』に出てくるくらいだからな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

リラァ~ックス ティー

Camomilemilktea  TEA & HERB カモミールミルクティー
名 称:乳飲料
製造者:森永乳業㈱
値 段:126円
内容量:240ml
熱 量:118kcal

 リプトンの商品。
 カモミールミルクといっても、とってもカモミールナわけじゃあない。ミルクと蜂蜜と紅茶が入っている。
 カモミールは後味に優しく香ってくる。
 
 そんなにクセがなく飲み易いので、お風呂上がりのクールダウンで飲んだり、落ち着いて眠りたい時にはいいかと思う。ホットかアイスかはお好みで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

欧州のスグリ

Casisdeeurope  CASSIS de EUROPE カシス・ド・ヨーロッパ
名 称:清涼飲料
製造者:コカ・コーラナショナルビバレッジ㈱
値 段:98円
内容量:500ml
熱 量:100mlあたり52Kcal
比 率:果汁10%未満
備 考:ミニッツメイドシリーズ

 カシスもドもフランス語だが、フランス語で欧州のスペルはEUROPEではなかった気がする。
 欧州産のカシス使用と書いてある。まさか単価の安いPL産では!?と疑いをかけてしまった。ヨーロッパじゃ括りが広過ぎるってーの。

 して味の方は、う~ん・・・・・・。舌痛いんすけど。これだったら中途半端な%のものではなく、濃縮還元ではない高めの物を購入した方がいいと思った。
 手軽に摂取というのであればこっちの方がいいが。
 ちなみに服が染まる。  

 カシスでも(黒)スグリでもカラントでもヨハネ(ン?)スヴェーレでも加倫でもいいが、スペルは統一して欲しいと思ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

マフィンの専門店なのか?

Rapsberrymuffin  ラズベリーマフィン
名 称:洋菓子
製造者:She knows Muffin(でいいのか?)
値 段:189円

 どれでも一律189円。色々なマフィンがあります。マフィンの他にもブラウニーなどもあり。

 なんだかまるでキノコのようなマフィンだのぅ。

 初めてのお店なら、まずプレーン買いは基本。
 ラズベリーは甘酸っぱさとプチプチ感がいいのだが、自分酸味に弱いことを忘れていた為、食べ終えた後轟沈。ホットミルクで持ち直しました。

 ここのは美味しいですが、結構ぽろぽろこぼれるので注意が必要です。しっとり目ではないが、その分後味がさっぱりしていて、朝食にもいいと思う。
 朝から甘いモノは~と思う方は、ほうれん草やかぼちゃが入ったものや、カレーもありますので、そっちにチャレンジ。ただ、お店自体が女性向けに作られているようで、入れてくれる袋がハート柄っつーのがちと辛いトコである。

 
 ついでに購入場所は品川駅構内。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

こだわり侵食中

Teaaulait  Tea au Lait
名 称:乳飲料
製造者:安曇野食品工房㈱
値 段:?円
内容量:280g
熱 量:130kcal

 chez-moi(フランス語で私の家)シリーズ。AISLABY(アイスラビィ)茶園のウバ茶葉を使用。
 茶葉を1.5倍使用し、抽出時間を2倍にしてじっくりと抽出した。とあるが
間違っていないか!?

 普段ティーポットで紅茶を淹れている自分からすると、なおそう思う。
 
 味はまぁ、ウバ。だね。ただし甘過ぎ。甘い紅茶が好きな自分でもこれはちょっとと思う。
 量が通常の量の2倍あることを考えると、こんなものかもしれない。紅茶の渋みが苦手という人にはいいかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

目玉(のおやじ)汁・・・・・・

Medamajiru  目玉のおやじ汁
名 称:清涼飲料
製造者:㈱アプリス
値 段:128円
内容量:190g
比 率:ゆず果汁4%未満

 

Medamajiru2 汁と書いてドリンクと読む。イラストはどう見てもゆず湯に入っている父さん(おやじ)。・・・・・・ってことは、これはおやじの残り湯か!?そうなのか!?
 謎は深まるばかりである。

 このシリーズ、あと3点あります。もしアップ出来るようでしたら、後日やってみます。

 ちゃんとゆず飲料で、さっぱり?とも思ったが、直後のどやけに近い(だが甘くはない)感覚に陥り、ゆずの残り香にまかれている。

 柑橘系独特の舌残りがあるので、苦手な人は苦手だろう。個人的には蜂蜜がほしい。
 それでも味は比較的あっさり。この時期ならホットの方がとも思うが、コールド専用と明記してあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

ルフナ!!

Ruhuna1 

Ruhuna2

Ruhuna3

Ruhuna4_1

 幻のルフナ、風光に香り高く
名 称:紅茶
産 地:スリランカ ルフナ ディシアンバレー茶園
値 段:1250円
内容量:40g
季 節:2005年3月摘み
等 級:FOPF

 茶葉に見られる白いものは新芽です。
 ルフナは自分の中では「紅茶と言ったら、絶対外せないもの。」という位置にあります。世界三大紅茶のポテンシャルエネルギーを皆無にしてもこれは譲れん!!(笑)
 あ、ポテンシャルエネルギーって、位置エネルギーのことですよ。この場合は座についているとでも訳して下さい。つまり、世界三大紅茶とルフナのどちらかを選べと言われたら、迷いなくルフナを選ぶということです。

 ストレートだと、淡雪のようにすーっと溶けてゆくような香り。どのようなものに近いかと言われても、こればかりはルフナとしか答えようがないです。
 個人的にはミルクを入れて本領発揮。という感じです。ストレートとは全く違った味が愉しめます。

 淹れて飲んだ後、妹と一緒に飲んだのが失敗だったかと反省しています。絶対翌日から狙われる(滝汗)。
 ちなみにお茶を入れること自体は全く苦ではない。むしろ淹れさせてくれ!飲むのも好きだが、そんなに多い量飲めないので淹れることも好きなのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

流石だぜ 雲南紅茶

Denfon1 Denfon2 Denfon3

 デンフォンゴールデンチップス

名 称:デンフォン新芽紅茶
産 地:雲南省
値 段:?円
内容量:50g

 4~5煎飲める紅茶。茶葉だけの香りはいい。水色も綺麗。

だが、

 流石は雲南紅茶といったところだ。

 カップに淹れた時の香りを嗅いで、正山小種(ラプサンスーチョン)か!?と本気で思った香りだった。飲んでしまえばあまり気にならないが、それでもやはり気になる。

 味はゴールデンチップスだけあり、甘い。だが香りが・・・・香りがぁ~・・・・・・!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

ジャルダンブルー

Jardin1 Jardin2 Jardin3 Jardin4

 Jardin Bleu
名 称:フレーバーティー
販売者:株式会社 コーヒー乃川島KDS
値 段:126円
内容量:2.5g(一杯分)

 ジャルダンブルーと読む。森イチゴとルバーブの甘酸っぱい香りが広がります。とあるが、ラムネ菓子に似たような香り。
 紅茶の他に矢車菊と向日葵の花が入っている。あと香料。
 フレーバードティー自体あまり好きではないが、これは一杯位なら平気。少し冷めて慣れてくると、香りの判別がつく。
 
 昔飲んでいたスウェーデンの紅茶(クィーンズ ミックス)に似ている。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

マンガラム パート2

Mangaramsaikap2            Mangaramsaikast

Mangaramsaikamilk

Mangaramsaikaleaf

 アッサム ゴールデンチップス マンガラム茶園
名 称:紅茶
値 段:?
内容量:50g
 
 先日紹介したものと同じだが、仕入れのメーカーが違うもの。茶園も取れた年も同じ。
 それでも香りが微かに違いました。残り香というか後口も違いました。どっちが美味しいかは好みの問題。

 自分は本日書いているメーカーさんの方は強く感じます。ストレートが好みの人には先日のメーカーさんのものをお勧め致します。

 かなり見苦しいですが、ストレートの水色とミルクの水色を載せておきます。こっちの茶葉もゴールデンチップス山盛り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

かわっ照る

Jyabara

かわっ照(てる)

名 称:北山村のじゃばら 皮入りドリンク

製造者:0735 49 2037

値 段:189円

内容量:100ml

原材料:じゃばら果実ペースト 果糖ブドウ糖液糖 じゃばら果汁 橙果汁 果糖液糖(果糖分95%) はちみつ

 まるで芳香剤のように強烈な香り。味は香りほどではないにしろ、強烈。後味は割合あっさり。じゃばらと橙の味がした後はちみつの味。それから清涼感がすっと抜けてゆく。
 冷た~くして、よく振ってからじゃあないとかなりきびしいものがある。
 北山村は和歌山県。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

紅茶の日ですが

Maoshe1                    Maoshe2 Maosye         

 販売元:銘香園

 品 名:烏龍茶毛蟹 新茶

 価 格:980円

 重 量:50g

 水色は見ての通り、かなり淡い。武夷岩茶で、烏龍茶の一種。

 これは少し水色が淡いですが、烏龍茶の本当の色はこんな色♪

 爽やかで甘味のある味なので、聞香杯で是非!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »