« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月29日 (月)

国産大豆のおからスコーン

Okarascorn3 国産大豆のおからスコーン

 2個入り 381円

 添加物不使用。いちご小豆味。

 始めは、ぬぬっっと思ったが、甘味が仄かで違和感のない味。苺大福西洋版といった感じだろうか?お茶請けにしてもいいが、そのまま食べると自然な甘味がじんわりと口中に広がって、幸せモード突入になる。

 濃い味というか、ジャンクフード系の味に慣れている人にはちょっと厳しい味だろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月25日 (木)

チャクラティー

Chacraall

 ←このようなものを見つけてまいりました。

 老舗のオレゴン州の会社「スタッシュティー」のお茶。
スタッシュティーの「チャナカラティー」の、アソートタイプ。
18ティーバッグ/1箱で、680円くらいだった気がする。

 全てのチャクラに該当するお茶(ティーバッグ)が入っています。

 医食同源というか、内側からオーラを充填させるらしい。取り敢えず面白そうだから買ってみた。報告は後日一つずつ。アドベントティーと同じ形式でアップしようかと目論んでいます。

 連絡先はE-mail : sales@seattlecoffee.com

販売元:有限会社シアトルエスプレス
〒464-0852
名古屋市千種区青柳町5-18
Tel:052-732-9632 Fax:052-732-9631

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

Ryukokusui 龍石水(りゅうこくすい)

名 称:飲料水
販売者:㈱竜石
値 段:70円
内容量:500ml
熱 量:0kcal/1000ml

採水地:大分県日田の台地 地下750m
備 考:
http://ryuuseki.com

 500ml中 Zn 0,08mg/l  K 4,01mg/l  Ca 8.03mg/l  Na 24,4mg/l  Mg 2.43mg/l                         pH7.7  62mg(硬度)

 温泉水(封存水)で、約9400年前の水。つまり、縄文時代初期に断層に封じ込められ現在まで保存されてきた水。

 味は非常にまろやかで、後に残らずとても飲み易い。ただ飲み易いだけでなく、水の持つ甘さがよく伝わる。

 自分が心から美味しい!と思った数少ない一品。

 余談だが、自分が今まで心から美味しい!と思った市販の水は、片手で足りてしまう(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

トマトジュース

Tomatojkotodo

 トマトジュース

名 称:?
製造者:㈱りょくけんTA
値 段:380円
内容量:190g
備 考:高糖度(糖度8度)

 えっと、購入するのに勇気がいりました。理由は値段を見て頂ければ納得頂けるかと思います。

 え?飲んだ感想ですか?⇒この鬼畜めぇ~っ。 が素直な感想ですな(どんなだよっ!!

 ネクターのようにとろりと濃厚。それでいてしつこくない。トマトは北海道産で、ストレートタイプ。

 糖度が8とかーなり甘いので、甘い野菜が嫌いな人にはオススメしません。それと甘(うま)野菜が好きな人にもオススメしません。それくらい甘く、飲み易いです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月14日 (日)

ありがとう 大宜味村

Oogimisonjuice製造者:沖縄特産販売(有)OTH
値 段:?
内容量:180ml
備 考:果汁20%

 原材料が大宜味村(おおぎみそん)のヒラミレモンと中国産の蜂蜜。
 きぃーーんと冷やして一気に飲む。これにつきまさぁな。ほんのりとした苦味が後に広がるが、決して嫌味じゃない。
 お風呂上りのクールダウンに♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

雲南プーアル熟茶

Puar1 Puar2 Puar3

                                 

雲南プーアル熟茶

名 称:中国茶 黒茶(後発酵茶)
産 地:雲南省
値 段:?円
内容量:100g

 繊細で優しい香り。でも豊かなコクと自己主張のある後味。黒茶初心者にもオススメなクセのない味。

 人肌くらいまでは美味しく飲めるが、冷めたら壮絶な味になるので(笑)、注意。

 黒茶は一煎目を洗茶といって捨てますが、それでも七煎目まで淹れられるので、たっぷり飲みたい人向け。

 後発酵と洗茶⇒発酵させた後更に寝かせて熟成させる為、洗茶が欠かせない。洗茶は黴臭さや長い間茶葉に挟まっていた細かなごみを除く為の行為。

 

 また、黒茶は粗雑品が数多く出回っているので、信頼できるお店で購入することをオススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

メープル オ・レ

Maplelatte名 称:乳飲料
製造者:小岩井乳業㈱ 東京工場
値 段:105円
内容量:200ml
熱 量:111kcal/1本
比 率:生乳50%以上
備 考:カナダ ケベック州産のメープルシロップを使用。

 思わずメープルシロップの等級は?とツッコミそうになった(笑)。
 朝食にも!と書いてあった。それ故という訳ではないが、ライトな口当たりだった。
 あくまでも「風味」として愉しむのであれば、価格共々お手頃だと思う。

 本当にしっかりとしたものを飲みたいのであれば、等級の最も後のダークを買って自分で作ることをお勧めする。
 よく勘違いされるが、等級というのは採れた時期の事を指す。紅茶の葉の等級が葉の形状を示すのと同じことですな。 

 メープルシロップについてはhttp://mykit.jp/nikki/nikkimiru3.php3?offset=30&id=heimdall&cate=195の2004-9-28に日記をどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

深みのある紅茶 Elevenses Tea

Elevenses名 称:乳飲料
製造者:足柄乳業㈱
販売者:高梨乳業㈱
値 段:137円
内容量:500ml
熱 量:56kcal/100ml
備 考:生乳20% 

 スリランカ産高地栽培の紅茶限定使用。だそうだ。・・・・・・・日本人てハイグロウン好きだな(自分はローグロウンの方が好きだがな)。

 イレヴンジス・・・・・・11時頃、朝の仕事が一段落した後に飲むお茶。現代社会でこれをしている(出来る)ところって、どんなところだろう?
 して、これは昔の一日二食の週間の名残だろうか?昼食の概念が出来たのはナポレオンの時代だし、一日三食が基本となったのはエジソンの時代・・・・・・・。そもそも欧州にお茶が入ってきたのは300年ちょい昔の話。

 えっと、話を元に戻して、実際これを11時頃に飲むとすると、お昼に響くぞ。かなり甘い。
 生乳20%という割りにはやけにさらっとしているな~と思ったら、デキストリンが入っていた(哀)。まー尤も名称が紅茶飲料ではなく乳飲料なので、仕方がないが。
 あくまで紅茶は風味付け程度と考えておいた方が問題ないだろうね。

 個人的には実験疲れが出やすい5時以降に、がっ!と飲みたいタイプ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

GreenTea&Peach グリーンティー&ピーチ

Greenteapeach名 称:清涼飲料
製造者:森永乳業㈱
値 段:100円
内容量:500ml
熱 量:200mlで49kcal
比 率:果汁2%
備 考:リプトンシリーズ。スッキリ味と明記。期間限定。

 ごくごく飲める新しい緑茶と明記されていた。
 別に間違っちゃあいないよ。間違っちゃあ。思ったよりはマシ。緑茶の味を期待しないで飲むのであればよく出来たと言える。
 蜂蜜入り緑茶系統が駄目な人には薦めない。

 個人的に一つだけ言わせて貰うなら、パッケージのピンク色が下品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

久し振りにウバに挑戦

Uvasuisyok1Uvasuisyokm Uvamumei1 

 世界三大紅茶の一つ、UVAです。

 30g:500円だったと思います。

 久し振りというか、人生初のウバ茶購入です。以前は友人に頂いた。

 淹れてみた感想⇒濃(い)っ!

 最近中国茶ばかり淹れていたせいなのか、それともただ単に自分の味覚がライト仕様だからなのか判らないが、かな~り濃かったです。香りの方は抜群でした。ディンブラとは違った、濃密な蘭のような香りが・・・・・・。

 ストレートとミルクとではまた違った香りがするのでミルクティーが楽しめる人は一杯で二度楽しめます。ついでにミルクに負けないどころか、ミルクよりも味が強かったです、はい。

 パッケージに何も明記されていなかったので、今回情報が殆どありません。ただ、同じところでアッサムを購入したので、後日会社名などは掲載できるかと思います。

 ウバ好きさんに質問!何かお奨めなお茶請けはありますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »