« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月29日 (日)

ヒラミレモンスカッシュ

Hiramilemonsq  沖縄ヒラミレモン シィクワシャースカッシュ
名 称:炭酸飲料
製造者:㈱伊藤園
値 段:19円
内容量:500ml
熱 量:36kcal/100ml
比 率:果汁0.3%

 賞味期限ぎりぎりの在庫処分品だったので、安かった。
 色が綺麗で美味しそうに見えるが、所詮まやかし。言ってしまえば色の着いた砂糖水。
 
 色同様、香りも味も優しいのでごくごく飲みたい時に♪個人的にはあまり冷やさない方が美味しく感じられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

たんかんジュース

Tankan_1  たんかん
名 称:清涼飲料
製造者:㈱沖縄物産企画連合
値 段:118円
内容量:500ml
比 率:果汁10%未満

 皮の薄~い柑橘。剥きにくくて、子供の頃苦労しながら食べた記憶がある。あの鮮やかな色と、甘味が好きでした(何故過去形?)。

 して、やはり比重が低いので、果糖葡萄糖液糖の味の方が強い。香料は使用されていない。
 ごくごく飲みたいのだが、酸味料が邪魔して痛い。ついでに着色料として使用されているβーカロチンが後味としてしっかりと出ている。

 高くても果汁100%のものを買うべきだったか・・・・・・。出費が6倍になるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

天空烏龍茶

Tenkoooolong  天空烏龍茶
名 称:烏龍茶飲料
販売者:大塚ベバレジ㈱ONS
値 段:147円
内容量:500ml
備 考:台湾の杉林渓(サンリシー)地区の茶葉とベトナムの避暑地、ダラット近郊で作られる茶葉を使用。無着色・無香料。

 四季春と杉林渓を使用。
 キャップを開けて先ず驚いたのは、その香り。ちゃんと烏龍茶の香りがする。そして味も烏龍茶の味がする。渋みは柔らかい。四季春の後味がしっかりと残るが、うるさくない。
 水色は緑茶とも思えるような黄色。

 高山手摘茶葉を使用というのは確認しようはないが、ペットボトルのものにしては相当レベルが高い。オススメの一品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

ルフナ

Ruhunagep1 Ruhunagep2

Ruhunacst Ruhunagecm

 Golden Era  RUHUNA
産 地:スリランカ ルフナ
値 段:100円
内容量:20g(2g×10p)
輸入者:㈱トモワールド 
tomoword@m3.dion.ne.jp
備 考;他にはヌワラエリア、ディンブラ、キャンディー、ウバ、ウダプセワラがあった。

 コク・甘み、渋み、香りのバロメーターと紅茶の産地説明、美味しい淹れ方付き。初心者さんにもオススメ。カユイところに手が届く配慮!
 今まで自分が手にしてきたティーバッグの中では最も素晴らしい形式。
 何故ならば、蒸らし時間はもとより、1カップが120ml(メーカーによってばらつきがある)と明記している。それにポットとカップを温める。沸騰したお湯を使うこと、ティーバッグの取り出し方も記載してある。
 こういったのを煩わしいと思う人もいるかもしれないが、自分はそれに従う方なので、むしろ喜ばしく感じる。

 パッケージも使用されている写真、産地直入のロゴも異なるので、色々購入して見比べてみるのも楽しい(ディンブラとウダプセワラも購入したので、後日載せます)。
 あと、そんなにメジャーではないところの産地が充実しているのが嬉しい。

 香りは強くはないが濃厚。で、味はそれほど濃くはないが、やはり砂糖とミルク欠かせないだろう。タイプとしてはミルクティーがごくごく飲めるタイプ。使用するミルクは低温殺菌の甘めがあう。
 
 販売ラインが弱いのか、まだラインに乗せて間もないのか分からないが、今まで見かけなかった。

 ちなみにゴールデンイーラーは黄金時代という意味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

ショコララスク

ChocolatlaskChocolatlaskb Chocolatlaskm

Chocolatlaskw

 Chocolat Rusk
名 称:焼き菓子
製造者:ショコラティエ マサール
値 段:840円
内容量:9枚入り
備 考:ビター、ミルク、ホワイトの3種類入り

 原材料が小麦粉とチョコレートとドライイーストと塩。という、至ってシンプルな焼き菓子。厚さは5㎜程度。
 比較的味は甘め。優しい味だが、お茶が進む。一番オススメしたいのがビター。粉っぽさがないので、ビターの粉っぽさが苦手な人に勧めたい。
 好き嫌いが分かれるのがホワイトだと思う。宿命だから仕方がないのかもしれないが、やはり少し脂っぽい匂いがする。但し、塩味と小麦粉の味が一番分かり易い。これは抹茶と合わせても美味しいのではないかと思う。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

オーガニック人参ジュース

Carrotjdeu1 Carrotjdeu2

 VITA VERDE CARROT JUICE
値 段:787円
内容量:750ml
熱 量:100ml:140KJ/33Kcal、250ml:350ml/82.5Kcal
生産国:ドイツ
表 記:英、独

輸入者:雄山商事(㈱)
備 考:オーガニックジュースで、JAS印入り。栄養表記は英語。

 原材料は99%人参ジュース、1%レモンジュース。
 日本の人参ジュースとは違った香り。レモンの香りもきちんと自己主張する。味は濃い。勿論日本のものとは味が異なる。
 日本他、オーストラリアやイタリアの有機人参ジュースを飲んだことがあるが、やはり別物。今まで飲んだ物の中では最も色が濃い。

 よく振ってからカップに注いだのに関わらず、澱と上澄みがうみょろろ~んとマーブリングしながらカップの中に入っていった。何だか"ヨロシクナイモノ"を注いでいる気分になった。
 妹は一言、(きっぱり即答で)「まずい。」と言っていたが、自分は好みの味。但し、一度にそんなに沢山はいらん。

 100mlで437μgのビタミンAが摂取出来るようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

BINGO BONGO

Bingobongo  BINGO BONGO
名 称:炭酸飲料
製造者:サントリーフーズ㈱
値 段:120円
内容量:350ml
備 考:レッドグレープ&カシスとあるが、無果汁。

 "気分はラテンでハイテンション!ラテン系ソーダ ビンゴ☆ボンゴ"と書いてあった。
 個人的に色々な意味でツッコミ度満載。

 開けた途端、物凄いガムのグレープの匂いとカシスの匂いがした。ガラナエキスが入っているが、酸味料にリン酸Naに赤色40号と、添加物山盛り。
 甘味は砂糖も使用されているので、そんなに後味がしつこくない。ウケ狙いな気分転換に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

ムーンライト

Moonlightp_1 Moonlightl

Moonlightc

 ムーンライト
名 称:紅茶
産 地:ダージリン
農 園:キャッスルトン
値 段:2200円
内容量:30g
季 節:2006年 オータムナル
等 級:ムーンライト

 香りに惚れ込んだ一品!(TKO)
 飲んだ瞬間ぱっと華やいですっと甘味を残して消える。茶葉独特の甘味が強いので、砂糖なしでもごくごく飲める。

 等級のムーンライトは、夜明けの月明かりの下で摘んだことに由来するらしい。

 パッケージの画像意味ないな・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

千里香

Senrikohp Senrikohl

Senrikohc

Senrikohl2

 千里香
名 称:中国茶
産 地:中国
値 段:1000円
内容量:30g
備 考:個人輸入(03-3521-0399)

 名前で茉莉花茶分かったが、敢えて購入してみた(←茉莉花茶は好きではない)。
 中国茶というと何故か茉莉花茶を思い浮かべる日本人が多いですが、同時に茉莉花茶が嫌いと言う日本人も多い。ついでに自分のパソコンはジャスミンティーと打つと茉莉花茶(まつりかちゃ)と出る・・・・・・。

 自分は比較的龍珠タイプ(画像参照)の茉莉花茶は好きな方なのだが、これは駄目だった。
 香りも控えめで、水色が淡く甘味もあるのだが、どーも苦手。ただ、茉莉花茶好きの妹は絶賛していました。

 丸まっているのは使用前の茶葉。伸びているのは使用後。丁寧に揉撚された証拠だ。

 パッケージを見て、いつんだよ、オイ!と突っ込まれそうですが、中国の兵馬俑発掘30周年記念展に行った時に購入したもの。なので2、3年位前のもの。一般の茉莉花茶とは名称を別にして販売されていたので、着香の回数が多いのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

+milk 紅茶 ラテ

070406tealatte  +milk 紅茶 ラテ
名 称:乳飲料
製造者:明治乳業㈱
値 段:105円
内容量:200ml
熱 量:105kcal/200ml
備 考:常温保存可能品

 乳飲料ということであまり期待していなかったのだが、ミルクの感じが優しいので、オヤスミ前に頂きたい一品。
 紅茶は仄かに香ってくる程度だが、変な自己主張がないので飲み易い。冷たいよりも、ぬるく感じる暗いが丁度良いかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

阿里山の凍頂烏龍茶

Totyohoolongarisanp Totyohoolongarisanl

Totyohoolongarisanc

 凍頂烏龍茶
名 称:凍頂烏龍茶
産 地:台湾 阿里山
値 段:1000円くらい?
内容量:50g
輸入者:三宝園
販売者:同上

 苦味と爽やかさが同居する香り。水色も濃い目。で、味も濃い目。そのまま飲むには渋味も比較的強いので、苦手な人には辛いかもしらん。
 お茶請けに乾燥果実を合わせると、渋味が緩和されて何杯でもいける味となる。

 個人的にオススメなのが、トルコの(きっちりと乾燥させた)乾燥杏。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »