« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

大阪サイダー

Oosakacider1 Oosakacider2

 大阪サイダー
名 称:炭酸飲料
製造者:大川食品工業株式会社
値 段:?
内容量:330ml
備 考:頂き物

 大阪が水の都かどうかは別として、大阪版昔懐かし系サイダー。
 味は砂糖とブドウ糖の味の違いがはっきりと出ている。炭酸はきついというよりは喉にダイレクトにくる。恐らく泡が細かい所為なのではなかろうかと・・・・・・。
 香りは昔駄菓子屋で食べた何かのお菓子によく似ているが、思い出せない。

 チビ瓶サイズが欲しいなと思う量。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

Baklava

Bakulavap 070919desart2

名 称:ピスタチオ入りバクラヴァ
製造者:BAKLAVACI GULLUOGLU FOOD INDUSTRIES &EXPORT CO.
原産国:トルコ
輸入者:㈱バハール
www.baharu.com
値 段:2500円
内容量:350g(12個入り)
表 記:土、英、独、仏、露、日語。一部アラビア語と希語。
熱 量:463kcal/100g

備 考:土語表記をしていません

 土はトルコ語。希はギリシア語。
 
 バクラヴァはアラブのお菓子。
 一見パイ。食べるとバターでぱりっという訳ではなく、飴状の薄い膜でぱりっという。皿から上げると水飴のようなものが糸を引いてくる。

 物凄い油脂。普段油慣れしていない自分は、かなりバター臭いと感じた。

 ミルクティーは勿論、スパイスティーや濃い珈琲がかなり進む。普通のミルクティーよりも煮出した方がいい。
 原材料に関しては添加物が一切入っていないので、覚悟と共に安心して召し上がれ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

しょうゆアイス

Soysi1 Soysi2

 しょうゆアイス
名 称:アイスクリーム
製造者:(有)松崎冷凍工業
値 段:273円
内容量:100ml
備 考:高知名物(?)

 室戸海洋深層水使用。
 高知県香南市畠中醤油店深層水醤油で仕込んだ。とのこと。

 始めは興味本位。開ける前は結構きつい色と香りがするかのぅ?と思っていたが、期待は見事裏切られた。
 そして味も見事裏切られた。

 日本人だからという所為もあるかもしれないが、ちょっとした違和感を感じるのは1口目だけで、気が付いたら完食していました。
 美味しい♪
 ただ、食後のデザートには向かないヘヴィさを持つので、夜食向けかと・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

ダージリン オカイティー茶園

Okayteal Okayteac

 ダージリン オカイティー茶園
名 称:紅茶
産 地:ダージリン オカイティー茶園 DJ-305
値 段:2200円
内容量:50g
季 節:2007年 2ndフラッシュ

等 級:OKAYTI  GOLD (オカイティー ゴールド)
備 考:頂き物

 これもいつもの御仁から頂いた物です。

 この茶園は"英国エリザベス女王が1959年の品評会で絶賛した茶園"という肩書きを持つ。そしてダージリンの中でも標高の高い場所に位置しているが故、とても上品な茶葉が育つこととしても有名。
 

 夏摘みが苦手な自分も、ここのは好きである。他の夏摘みに比べるとやや水色が薄いように感じるが、これはこれで綺麗である。
 見た目も綺麗な茶葉は本当に香り高く、ほんのりと薄荷にも似たような清涼感がある。それを淹れてみると、また違った香り高い香りになる。香気が立ち昇るとでも言おうか?(笑)

 一般的なダージリンの夏摘みが好みの人は、違和感を感じるかもしれない。それほどまでに穏やか。そして後味が儚い。
 スコットランド系のショートブレッドがお茶請けとしてはぴったりなのではなかろうか。ボーダー社とかウィンブルドン社とか。もしくはダッチー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

日向夏紅茶

Hyuganatukoutya  日向夏紅茶 
名 称:紅茶飲料
製造者:宮崎県農協果汁㈱
値 段:98円
内容量:500ml
熱 量:18kcal/100ml
備 考:無着色 カロリーオフ 果汁1%未満

 甘いといってしまえばそれまでだが、味も香りも優しいので、ごくごく飲めます。そんなに冷たくなくても美味しい。
 砂糖が使用されているので、比較的喉が渇きにくい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

白鶏冠

Hakkeikanl Hakkeikanc

 白鶏冠
名 称:中国茶
産 地:中国
内容量:30g
備 考:武夷岩茶の四大名そう(よんだいめいそう)の一つ。

 
 岩茶だけに養分の甘味がた~っぷり。
 四大名そうのそうは、僕のにんべんが木へんになり、更につくりの下の大が取に変わったもの(HPにリンクさっている2007-9-7の日記参照)。

 淹れた時の香りや甘味は、自分の中では何故だか記憶にあるが思い出せない懐かしいものに当たっている。
 そういう意味ではスッキリしないものなのだが、水色の割りには味が濃い。だがくどくない。ちょっと濃い目に淹れると、きりっとした甘味が出る。

 まだ試していないが、冷茶よりも熱いお茶で飲んだ方が合うと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

スワンサイダー

Swancider  スワンサイダー 
名 称:炭酸飲料
製造者:㈱友桝(ともます)飲料
値 段:210円
内容量:330ml
備 考:創業明治35年

 王冠が固かった・・・・・・。
 サイダーといえばやはりここ。原材料も砂糖と香料と酸味料と至ってシンプル。

 会社が佐賀県なので関東方面の人は某サイダーの方が慣れているかもしれないので、香りに違和感を感じるかもしれない。
 本来ならちび瓶にストローを挿して飲むのがいいのだが、なかったのでこっちを購入しました。
 きぃーんと冷やして、炭酸が抜けないうちに一気飲み。これが基本(←マテ)。

 最近こちらの方でもよく見掛ける様になった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 1日 (土)

メロン烏龍茶

Meronoolongl Meronoolongc

 メロン烏龍茶
備 考:テイスティング用

 リーフの中にある白っぽい物は乾燥メロン。
 フレーバードが苦手な自分はパッケージを開けた瞬間轟沈。甘い香りが苦手な人も同じ運命を辿るであろう。
 甘~い香りが愉しみたい人は是非ホットで。

 個人的にはアイスティー用のお茶だと思う。アイスにすると甘味も香りも程好く薄れてぐー。
 アイスだと香料が分散されて、「記憶にある香り」になる。で、飲むのメロンと判る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »