« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月27日 (土)

Kandy ケニルワース茶園

Keniruwarsel Keniruwarsest

Keniruwarsem

 Kandy ケニルワース茶園

名 称:紅茶
産 地:スリランカ キャンディ ケニルワース茶園
内容量:10g
等 級:BOP

備 考:お試しパック

 スリランカ紅茶のキャンディといえば、可もなく不可もない紅茶。それゆえバリエーションティーに向いている。
 特徴のない紅茶と言うのは、言わばオールラウンダーということでもあるので、万人向け。味は好みの問題があるので一旦おいといて。

 少ない茶葉量で結構濃く出る。水色は正に紅茶。香りはスリランカ紅茶としか言いようがない。比較的優しい紅茶の香り。薄いと感じる人もいるかもしれない。
 
 それから、スリランカ紅茶は茶葉の等級(グレード)で選ぶと失敗します。あ、あとキャンディはスリランカの南部にある古都の名です。スリランカ最後の王朝の名称でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

GRAPE×4

Greap4  GRAPE×4
名 称:発酵乳
製造者:安曇野食品工房㈱AKO
値 段:260円
内容量:240g
熱 量:124kcal
備 考:アロエ葉肉入り

 キャンベルアーリー果肉、デラウェア果肉、マスカット果汁、コンコード果汁入り。決して全ての果肉が入っているわけではない。
 味が強い方がキャンベルアーリーであっさり味がデラウェア。マスカットとコンコード果汁は、判るに人には判ると思う。自分は先に来るのがマスカットで後にくるのがコンコードだと思っている。

 飲むと言うよりは食べると言った方が相応しい重厚感。アロエ葉肉のシャキシャキ感が、個人的にはツボ。
 コストパフォーマンスからして、明記はされていなかったが数量限定と見ていいかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

季節のスウィートデザート

Tropisweetdesart  季節のスウィートデザート
製造者:小岩井乳業㈱
値 段:150円
内容量:500ml
熱 量:51kcal/100mi
備 考:露地栽培苺を使用 苺ピューレ入り 果汁100%(濃縮還元)

 手絞り感覚、ホームメイドスタイルという触れ込みだが、これはピューレ入りだからであろう。
 入っている果実は林檎、苺、葡萄。しかし、秋に発売で露地栽培苺って、日本の苺なのか?

 苺入りだけあって、香料が強い。甘いながらも結構あっさりとした後味。ピューレはあまり期待しない方がいい。
 スウィートデザートだけあり、甘さにたっぷりと浸っていたい人に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

ミルクと宇治抹茶

Milkandujimattya

ミルクと宇治抹茶

製造者:キリンビバレッジ㈱
値 段:138円
内容量:265ml
熱 量:54kcal/100ml

 甘~い抹茶ミルク。言う人は言うだろう、邪道だと。
 自分は好きなタイプですね、こういったものは。抹茶の渋みが全くなく、物足りない人には物足りない一品。

 甘くなく、ハードなお茶請けにはいいお供。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

築地香駿

Stukijikousyunp Stukijikousyunl

Stukijikousyunc

 築地香駿
名 称:緑茶
産 地:静岡県静岡市玉川地区寺尾
値 段:2310円
内容量:50g
備 考:手摘み 普通蒸し煎茶 
http://www.nishikien.com

 全国品評会一等入選。中国国際茶文化節王賽金奨受賞。

 三煎じまで愉しめます。どの煎じも異なった香りと味が愉しめます、個人的には香りは一煎じ目、味は二煎じ目が好きです(←誰も聞いちゃいねぇって)。画像は一煎じ目です。
 冷茶にしてもいい。

 現在深蒸しが主流の為か、上質な普通蒸し煎茶はあまり見ない(自分の視野の狭さも関係して入るんだろうけれど)。
 
 香駿は、これの他にも幾つか地名や生産者名を冠したものがありますが、これが一番美味しいと勧められました。ついでにまだ木が若い為、機械を掛けられないので手摘みなのだとか。
 お茶にしては珍しく、日本で標高800mという高地で栽培されている(ダージリンと同じに考えないように)。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

QUEEN'S HOPE

Queenshopest Queenshopem

 QUEEN'S HOPE
名 称:紅茶
産 地:中国
内容量:3g
備 考:ティーバッグ

 モノは祁門紅茶。
 ス、スモーキーなフレーバー。苦手なタイプの祁門。ばっちり渋みがあるのでミルクを入れると美味しい(やはり香りは苦手だが)。
 
 マロンクリームやバタークリームなど、結構重めなもったりとした物に合わせるのが良いかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

フルーツ割り紅茶

Fruitskoutya名 称:60%りんご果汁入り飲料
販売者:㈱伊藤園
値 段:123円
内容量:350ml
熱 量:140kcal/350ml
備 考:アップルティー

 名称通り。個人としては普通に林檎紅茶を飲むよりもこっちの方が好みです。お茶請け要らんほど甘いけど。
 あまり数出していないのか、自販機専用なのか、殆ど見かけません。甘くて紅茶らしくない紅茶が好きな人にはオススメ。タンニンを感じることがないので、一気飲みも可。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

ICE CUCUMBER

Icecucumber名 称:炭酸飲料
販売者:サントリーフーズ㈱
内容量:500ml
備 考:頂き物(Iさん有難う)

 一週間ともたずに消えた商品(らしい)。アイスキューカンバー(つまり冷やし胡瓜ってことか・・・・・・)。
 色は綺麗だが、石油系着色料。味はキュウリという程キュウリっぽくなく、香りもそんなんでもなかった。むしろカフェインの匂いの方が強かった感じがする。

 炭酸は少し強め。但し、抜けきらないうちに飲まないと、後でもたれてくる。  

 それにして何処で見つけてきたんだろうか・・・・・・。ついでに外で写真を撮っていますが、場所はハチ公銅像の後ろだったりします(←ツッコミ不可)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

紅茶 スーパーファイン

Ceylon_tea_p Ceylon_tea_l

名 称:紅茶
産 地:スリランカ
値 段:1000円
内容量:250g
販売者:CEYLON TEA MARKETTING LTD
輸入者:ヒュージェ ジャパン㈱

等 級:BOP
備 考:名古屋の万博で入手したもの

 スリランカの紅茶は等級がいいものがいいとは限らない。某お茶屋さんの証言です。覚えておくといいかもしれません。確かにそうなのだから。

 して、これは鍋で作る即ち煮込みのミルクティーが好きな人にはもってこいの茶葉。普通に淹れても美味しくない茶葉ですが、鍋でミルクテイーを作ると、「あれ?」という美味しさに変身します。
 その秘密は現地仕様だから。

 鍋で淹れる方法は幾つかパターンがありますが、ここでは割愛。本当に好きなら放っておいても自分でやるだろうから。「ならキサマはどうやってんだ?」という奇特な方はメールなりHPの掲示板なりで連絡を下さい。まー、正直いらっしゃらないとは思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 9日 (火)

トロピカーナ 2007 秋限定

Tropi2007autum名 称:果汁ミックスジュース
販売者:小岩井乳業㈱
値 段:98円
内容量:250ml
熱 量:53kcal/100ml
備 考:果汁100%(濃縮還元)

 実りの秋ブレンド。石榴はあまり日本人には馴染みがない味かもしれない。自分は好きだが。特にイランの黒石榴とか。白石榴はまだ食べたことはないが、中国産は遠慮したい。
 他はりんごと葡萄。取り合わせとしては無難。ただ、白葡萄が入っていないので、やはり配合バランスが上手いなと思う。

 来月辺りに冬バージョンが出てきそうな気もするなぁ・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

日本の果実

Nihonnokajitu名 称:果汁ミックスジュース
製造者:㈱えひめ飲料
値 段:160円
内容量:280ml
熱 量:46kcal/100mi
備 考:果汁100% 濃縮還元 NEWDAYSオリジナル

 愛媛産みかん、青森産りんご、福島県産ももと和梨、山形県産ぶどうを使用。

 梨は鳥取じゃあないのか?と突っ込みたいのは自分くらいなものだろうか・・・・・・。
 バランスもよく、飲み易くて美味しい。国産だから美味しいと銘打つのであれば、個人的には濃縮還元と香料なしでやってほしいと思う。

 おやつに1本ほしいサイズと味。勿論お茶請けはなしで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 7日 (日)

トロピカーナ 2007 夏限定

Tropiseasonbest2007summ名 称:果汁ミックスジュース
販売者:小岩井乳業㈱
値 段:98円
内容量:250ml
熱 量:45kcal/100mi
備 考:果汁100%(濃縮還元)

 鳳梨ベース。それにグレープフルーツとゴールドキウイ。思ったよりもさっぱりとして飲み易い。
 味の決め手はゴールドキウイの甘さか?
 
 この磁器、秋バージョンが出ていても不思議はないはずだが、まだ見ていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

金のプリン と 銀のプリン

Kinnopurin Ginnopurin

名 称:洋生菓子
製造者:(有)山下館
値 段:共に525円
内容量:95g
備 考:
http://www.santaxream.com
 
 ふたの色と札の色で判別。
 原材料は共に牛乳、卵、砂糖のみ。極々シンプル。
 砂糖については特に明記されていなかったが、牛乳は十勝生まれのジャージー牛と伊達で育ったアングラ牛とノルマンド牛の生乳のブレンド。そして卵は地元ファームの有精卵。だそうな。

 共にカスタードプリンと明記してあるが、銀のプリンはミルクプリンだと思う。

 え?味?美味しいとは言えない。一口目は取り敢えず"絶句"。これを美味しいの一言で片付けてしまうのは何だか失礼な気がする。そう思わせるほどの味を持つ。従って、ごたくたと御託を並べるというのは野暮というものだ。

 どちらかを薦めるのならば、金のプリン。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »