« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月20日 (木)

TOTAL

Totalgy1 Totalgy2 Totalgy3

 TOTAL
名 称:発酵乳
生産者:FAGE DAIRY INDUSTRY S.A
生産国:ギリシア
輸入者:(有)ノスティミア
値 段:525円
内容量:150g
熱 量:130kcal(540KJ)/100g
備 考:
www.fage.grもしくはwww.totalgreekyoghut/com

 この会社の輸入の元締めはロンドンにある模様。これはパッケージと訳し方から日本の会社が直接輸入したものと思われる。いや、真相は知らんが。
 
 ギリシアではかなり有名なヨーグルトメーカー。
 ヨーグルトの基本的な食べ方といえばそのまま食べるか、シリアルにかけたり、蜂蜜やジャムやコンフィチュール、刻んだドライドフルーツを混ぜ合わせたり、フレッシュフルーツのディップにしたり。というところだろう。
 パッケージにはお召し上がり方の一例として、唐辛子を加え野菜スティックのディップに。肉類に添えるスプレッドに混ぜて。ドレッシングとして。といったものまで載っていた。乳製品が文化に根付いている国では、そういう風に食べるらしい。ユダヤ教徒絶叫モノですな(笑)。

 このヨーグルトは水切りヨーグルトなので、製造過程で乳清が取り除かれているのでとても濃厚です。あ、勿論いくら乳清を取り除いたといっても、放って置けば出てきますよ。パッケージを開けると表面に保護紙が敷いてありますが、その上に染み出ています。
 して、このヨーグルトを1リットル製造するのに約4リットルの牛乳が必要とのこと。
 ついでにパッケージではない画像は、ヨーグルトをすくってスプーンを逆さしたものです(見辛いかもしれませんが)。それくらい濃厚って証明です。

 香りはヨーグルト(それ以外どう言えっつーんだ)。味はちゃんと欧州系の酸っぱいヨーグルト。本場ブルガリアのヨーグルトとどっちが酸っぱいかな?という程ではないにせよ、日本の滑らかなヨーグルトに慣れているとちょいと厳しいかもしれない。
 あと、乳酸菌類が入っている食品でよくあるのだが、これも"殺菌済み"と思われる。殺菌しないと生物(なまもの)扱いになるし、そうすると輸入は物凄く厳しくなるはずだから(しかしそれ言っちゃあ、納豆菌及び納豆も輸出入出来ないはずだよなぁ?)。その事情に詳しい人に限りツッコミ可です。

 話を元に戻して、そのまま食べるのが厳しいと感じた人は果物や蜂蜜、ジャムなどをガンガン突っ込んでみませう。酸味さえ緩和させてしまえばとても美味しく食べられます。但しカロリーが高めなので、その点をお忘れなきように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

ダージリン

Margaretshope20051stp Margaretshope20051stp2 Margaretshope20051stl Margaretshope20051stc

 ダージリン
名 称:紅茶
産 地:ダージリン マーガレッツホープ茶園
値 段:945円
内容量:20g
季 節:2005年 1stフラッシュ
等 級:FTGFOP-1(CH)
輸入元:八基通商㈱
備 考:選者はMr.SANJAY KAPUR(読みはサンジャイ・カプール氏でいいのか?)

 開けてびっくり。

 ファーストフラッシュにしては香りが強く、フルーティー。そしてちょっと華やか。水色はファーストらしい。
 紅茶をきちんと時間通りに蒸らすのは日本人とドイツ人しかいないと言われるだけあり、分量及び蒸らし時間等の記載は一切なし。ので、2.5g採取して5分蒸らした。

 流石CHと言った方が良いだろうか?それらしい力強さと渋味を持つ。ちょっと強めなファーストが好きな人向け(←沈没したらしい)。
 茶葉の香り同様、青い香りが強いので中国茶とダージリンを足して2で割ったような印象を受ける。これを1煎じで2度美味しいとするか、中途半端とするかは飲用する人次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

こだわりののじろーる 黒豆きなこ

Nonojirollp Nonojiroll

 こだわりののじろーる 黒豆きなこ 
名 称:洋生菓子
製造者:㈱宮本屋
値 段:980円
備 考:他に抹茶があった。
http://www.miyamotoya.co.jp

 ふわふわ~。
 上の茶色のは焼き色ではなく、黒豆きなこ。おかげで切りにくいし散らばる・・・・・・。そして色がうちの猫その1によく似ている。
 きなこはちゃんとビターテイスト♪紅茶以外にも合うので、色々試してみるのもよろしいかと。

 夏は半解凍状態でアイスケーキ風にもお召し上がりいただけます。と書かれていたのでやってみたいが、自分が食べる前になくなっていそうな気がするので、取り敢えず思ってみるだけ。

 抹茶は中のクリームが小豆クリームで、あっさりとした甘味で、抹茶の香りが程好い。こっちは薄めの紅茶か煎茶またはミルクに合わせるのが良いかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

やわらかキャラメル

Milkcaramel  やわらかキャラメル 
名 称:乳飲料
製造者:静岡ジェイエイフーズ㈱庵原工場
販売者:明治乳業㈱
値 段:118円
内容量:240ml
熱 量:146kcal/240ml
備 考:生乳50%使用

 焦がし砂糖の匂いと味~(←殴)。
 購入前は甘い?とも思っていたが、思っていたよりは甘くない。ニュアンスとしては「キャラメル」というよりは「カラメル」と言った方が伝わり易いかもしれない。

 仄か~にほろ苦さが残るような後味。温めたらどうだろうか?とも思ったが、温めないで下さいと書いてあるのでやめた。
 ゆっくりと休みたい時のお共に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

SOVILLO EXVirgin

Sovillo  SOVILLO EXVirgin
名 称:食用オリーブオイル
製造者:olivos oil industries Ltd
輸入者:太平洋貿易㈱
原産国:トルコ
内容量:455g/500ml
備 考:
www.olivos.com.tr

 エクストラの筈なのだが、ピュアっぽく感じられる。香りはあまり強くないが、茹でたての麺に掛けた時の香りの開き方が凄い・・・・・・。オリーブオイルというよりはオリーブそのもの。でも何か変。
 味は比較的あっさりだが後味の自己主張が強い。容器が透明のエコペットなので若しかしたら輸入段階か店内の蛍光灯にやられた可能性が否定できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

りんごの王様 ふじまるごと1個

Fujihukuokaj  りんごの王様 ふじまるごと1個
製造者:福島乳業㈱
内容量:180g
熱 量:88kcal/180g
備 考:
www.fukuchan-milk.co.jp 果汁100%

 品種限定だそうだ。
 美味しいのだが、酸味料の所為か冷やし過ぎの所為か、自分の中のふじの味と記憶違いが生じていて「ふ、じ・・・・・?」という感じである。やはり生食と生絞りとでは異なるものなのだろうか?林檎は酸化し易いし。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

Strawberry Chocolate Drink

Chocolatedrinkat  Strawberry Chocolate Drink
名 称:ココア飲料
販売者:トーヨービバレッジ㈱TBF
内容量:200ml
熱 量:115kcal/200ml
備 考:無果汁

 苺は入っていないのに、苺とチョコ味。苺チョコレートではなく、あくまで苺とチョコ味である。
 苺と聞くと甘そうなイメージがあるが、これは粉っぽくてちゃんとビターテイスト。しっかりとした味なのでプレーンでドライタイプの焼き菓子が欲しくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

おさつ彩 ほんのり塩味

Osatuirop Osatuiro

 おさつ彩 ほんのり塩味
名 称:スナック菓子
製造者:カルビー㈱
販売者:㈱ソシオ工房
値 段:286円
内容量:60g
熱 量:338kcal/60g
備 考:期間限定

 黄色はコガネセンガン、赤はジェイレッド、紫はムラサキイモ。ムラサキイモは品種明記なし。紫芋ってったってなぁ、和菓子用とか色々ある。用途によって甘味やコクが全く異なる。
 
 一番馴染みのある味はコガネセンガンだろうか。芋焼酎によく使われるようだから(←殴)ではなく、よく芋ケンピに使われるから。この塩味と相性がいい。
 ムラサキイモはそんなに甘味の強くない品種。アントシアニン配糖体含有植物独特の臭みと味はしない。
 ジェイレッドが一番馴染みがないだろう。人参の匂いが苦手な人は駄目かもしれない。しかし敢えてチャレンジすることをオススメします。β-カロテン独特の味と匂いは覚悟の上で召し上がり下さい♪

 綺麗なので袋から出して食べた方がいい。と個人的に思う。ついでにそれだと食べ過ぎ防止にもなる。スティック状であることに加え、美味しいのでついつい止まらなくなります。一袋食べるとかなりの熱量です。よく噛んで食べると腹持ちも良いです。それらの点も留意してお召し上がり下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月 6日 (木)

甘みさわやか 王林

Ohrinj  甘みさわやか 王林
名 称:10%りんご果汁入り飲料
販売者:サッポロ飲料㈱
値 段:89円(sale)
内容量:450ml
備 考:炭酸飲料 旬果仕立て

 ・・・・・・。えっと、仄かに王林、ですかね?賭けに出て負けた気分だ。
 甘みさわやかなのは納得するが、人工的な青林檎の匂いと酸味料の痛さとアセスルファムカリウムの独特の後味が・・・・・・(泣)。
 
 ジャンキーなモノが好きな人や、特にこだわりを持たない人なら美味しく感じられるかもしれん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

とろけるマンゴー

Biretorokerumango  とろけるマンゴー
名 称:40%マンゴー果汁入り飲料
販売者:アサヒ飲料㈱
値 段:168円
内容量:350ml
熱 量:48kcal/100ml
備 考:数量限定 アップルマンゴー果肉使用

 酸味料が痛い・・・・・・。
 時間を置くとマンゴー独特の酸味が出てくるので、キーンと冷やして一気にググイッといくのがよろしいかと。
 
 生のアップルマンゴー(メキシコ産)を食べたことがある身としては、イマイチ。値段とパーセンテージの点から見れば上出来。
 生や濃い目のマンゴー(←どんなだよ)が苦手な人にはおすすめします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

シッキム

Shikkimtemil Shikkimtemic

 シッキム
名 称:紅茶
産 地:シッキム テミ茶園
値 段:1700円
内容量:50g
季 節:2007年 1stフラッシュ
等 級:FTGFOP1 SK-4
備 考:シッキムにも1stと2nd旬がある。 

 あまり味の記憶がないというか、シッキム自体を購入したのが人生2度目。しかも初めて購入した(2007年夏)のを未だに飲んでいない。
 ・・・・・・という愚か者っぷりを遺憾なく発揮して購入した一品。その為だけという訳でもないが、このお茶を試飲するが為に京都まで連行された親友に感謝♪
 ちなみに購入に当たっては1stと2nd両方試飲させて頂き、ダージリンの1stに近い、シッキムの1stを選択しました。しっかりとした味が好みの方は2ndをオススメします。

 さてそれはさておきあまり聞き慣れないシッキムですが、インドの紅茶です。ダージリンよりも更に北、チベット自治区に隣接するところにあります。
 インドの北にはダージリンやアッサムを始め、ドアーズやシッキム、テライなどそれほど有名ではないものの、良質なお茶を作っている場所が点在しています。ちなみにインドの南部ではニルギリが作られています。現在クオリティーシーズンでもあります。

 んで、茶葉を見る限り青いものが点在しています。その為か香りも青め。ただし、紅茶としての香りは甘さを含みつつも爽やかな香り。言い方としては適切ではないと思うのだが、「草」のようだ。
 味は軽めの渋味を持ってはいるが、ほんのりとした甘さも持つ。茶葉の量もしくは蒸らし時間によって劇的に味が変わるといってもいい。
 飲み慣れるとお気に入りの可能性になる可能性が高いものと言える(自分はお気に入りの一品になった)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

ネパールの紅茶

Himarayanfantasyl Himarayanfantasyc

 ネパールの紅茶
名 称:紅茶
産 地:ネパール エベレスト茶園
値 段:1800円
内容量:50g
季 節:2007年 1st
等 級:Himalayan Fantasy SFTGFOP1
備 考:↑ヒマラヤン ファンタジー スーパー フィナー ティピー ゴールデン フラワリー オレンジ ぺコー

 
 ネパール紅茶の中でも新芽が多く、特にいい紅茶が作られたので特別に作られた等級名(店長談)というだけあり、とても甘ぁ~くて止まらない一品♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »