« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日 (日)

タルボ茶園 TIPPY

Tarubotippyl081st Tarubotippy_c081st

 タルボ茶園 TIPPY
名  称:紅茶
産  地:ダージリン タルボ茶園
値  段:?円
内容量:50g
季  節:2008年春
等  級:FTGFOP1
備  考:DJ-25

 頂き物。
 これを自分に下さったお方には、これの他に5種類08年のダージリン1stフラッシュを頂いている。しかもそれぞれ18gも!有難い話です、本当に。
 
 して、これは春摘みの特徴をちゃんと持っています。
 そう、香りがあまり強くない。かなり繊細な香り。

 勿論味も繊細。飲んだ時の味よりも後味の方がしっかりと味わえます。紅茶の味の中に甘味があるのではなく、甘味の中に紅茶の味がある感じです。あ、でもアミノ酸系の味はしませんよ、念の為。
 お茶だけでも充分愉しめます。つーか、これに合うお茶菓子を探す方が大変かと(後日これに合うお茶菓子を載せる予定)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

ルビーティー 07年オータムナル

Rubyteal Rubyteac

 ルビーティー
名  称:紅茶
産  地:ダージリン アリヤ茶園
値  段:1800円
内容量:40g
季  節:07年オータムナル
等  級:RUBY 半発酵茶
備  考:茶葉の色が赤茶系

 茶葉の画像を見ていただければ一目瞭然かと。半発酵茶でも紅茶色をしているので、烏龍茶の東方美人に近いものと見てよいかと。味は全く違いますが。

 香ばしさの中にたっぷりの甘味がある。少し薄めに淹れ、少し冷ましてから飲むとその甘味が判りやすい。ドライフルーツの入った焼き菓子なんかによく合う。
 秋摘みが強いなと感じる場合は、是非とも春摘みをお試し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

ダージリン MOON DROPS

Moondropsl Moondropsc

ダージリン MOON DROPS
名  称:紅茶
産  地:ダージリン キャッスルトン茶園
値  段:2300円(?)
内容量:40g
季  節:2008年春
等  級:ムーンドロップス
備  考:月明かりの下で摘まれた紅茶

 月明かりの下で摘まれた紅茶という点では、ムーンライトと同じなのだが、茶葉の香りはムーンライトに比べて少し香ばしさが目立ち、青さがない。
 味はぎゅっと甘い。強いて言うなら点の甘味。味は抜けていくというよりは留まる感じ。

 実際ムーンライトとムーンドロップスを同時に出されて、味分けをしろと言われたら、多分自分は出来ない。そこまで味覚と嗅覚良くないから。
 ただ、全く違いがないのか?と言われるとそれはそれでちと違う。と言える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

カラメル・オ・レ

Caramelaulait  カラメル・オ・レ
名  称:乳飲料
製造者:小岩井乳業㈱東京工場
販売者:キリンビバレッジ㈱
値  段:118円
内容量:200ml
熱  量:78kcal/100ml
備  考:焦がした砂糖×塩・バター

 クイニーアマンからヒントを得たのだそうだ。
 焦がした砂糖のほろ苦さがぐー。塩味もなかなかいいんだが、バターは後味の方で利いてくる。
 くどくはないのだが、後味が重いのでプレーンタイプの玄米シリアルか、英国の甘味の全くないシリアルに掛けて食べたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

梨山高冷茶

Nasizan07spl Nasizan07spc

 梨山高冷茶
名  称:緑茶
産  地:台湾梨山山脈台地
内容量:15g
季  節:2007年春
等  級:超特級
備  考:高山茶

 葉が開くと非常に大きいことを実感させられます。
 自分が飲む前にあっという間に飲まれてしまった一品。

 水色の割りには味のはっきりとしているお茶で、後味に甘味が濃縮されている感じだった。
 個人的にはバターケーキぷりーずという味。若しくは正統派のパウンドケーキ。中にデーつが入っていて上にアイシングされている冬向けのやつなんか合いそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

阿里山烏龍茶

Arisan2007spl_2 Arisan2007spc_2

 阿里山烏龍茶
名  称:緑茶
産  地:台湾阿里山
値  段:500円
内容量:10g
季  節:2007年春
等  級:超特級
備  考:高山茶
 
 飲みたいが、そんなに量いらないと我儘言って作っていただいた使いっきりサイズ。
 茶葉と時はそうでもないが、お茶にしたときに自己主張というか、味が強い。塩気のあるお茶菓子が欲しくなる。

 お茶菓子と共にというよりは、食事と共にの方が合うお茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

祁門紅茶

Kimun2006spl Kimun2006spc

Kimun2006spm

 祁門紅茶
名 称:紅茶
産 地:中国安徽省祁門
内容量:50g
季 節:2006年春摘み
等 級:超級
備 考:頂き物

 祁門でもチィップス量が多いので超級。香りは祁門!という感じで、自己主張は強め。
 祁門は紅茶の中でも稀有な存在で、1年かけてゆっくりと飲む紅茶と言われている。そして世界三大紅茶の一つとされていながら地元では無名の存在。
 世界三大紅茶になった理由は、英国でもてはやされたからと言っても過言ではないそうな。水質の影響を受けにくいのか、英国の水質でもちゃんと美味しいお茶が入るのだとか。

 して、やってみれば判ることですが祁門は初物を淹れてみると、人によっては何処となく水っぽい印象を受ける。言ってしまえば祁門風味。薄目が好きな中級者向けの味(笑)。
 しっかりと管理することは当然の事として、時間が経ってくると味が変わっていきます。個人的な経験としては半年くらいから、劇的は大げさとしても味の違いがはっきりと判ります。
 これからその違いに挑戦しようとしている人には、今年の春摘みを購入してすぐ飲んでみて、その後半年してから飲んでみるとその違いが明らかに感じられるかと思います(出来れば同条件下で飲むことが望ましい)。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

月下美人

Gekkabijinl_2 Gekkabijinc

 月下美人
名  称:緑茶
産  地:日本
値  段:880円
内容量:5g
備  考:釜炒り緑茶
 
 一見中国茶葉のような印象を受けますが、香りと色が大いにそれを否定してくれます。
 地域にもよるんだろうが、自分のエリア内(関東)ではそんなに一般的ではない。ないわけではないが。
 
 普通蒸し煎茶にも似て非なる香り。一口目を飲んで出た科白が⇒「こぉ~の、悪魔ーっ!!」
 一体何の嫌がらせでしょうねぇ、これは。
 時間が経過すれば渋味は出てくるものの、適度な渋味。淹れたては甘味たっぷり。で、とても喉越しがさっぱり。いくらでも飲めてしまうところが怖い。
 普段使いできる価格ではないが、味が判る人でチャレンジ精神があり余裕が出来たら飲んでみて欲しい一品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

明前西湖龍井

Minzen07l Minzen07c1

Minzen07c2_2

 明前西湖龍井
名  称:緑茶
産  地:中国浙江省杭州
値  段:2200円
内容量:25g
季  節:2007年明前
等  級:極品
備  考:明前とは、二十四節気の清明の前。
 
 通称飲んでも飲んでもなくならないお茶(笑)。何でかというと、カップの底に茶葉を入れて70~90℃位のお湯を注ぎ、暫く待って2/3位飲んでまたお湯を足して、自分が味がしなくなったな~というくらいまで飲めるから。
 入れる茶葉の量にもよりますが、かなり飲めます。画像は1.5gを90mlで8煎の時のもの。茶葉が散らかっているのが1煎目。真ん中にある画像が7煎目。

 茶葉はとにかく海苔!の香り。
 入れると水色は淡く、とにかく甘い。身体に染み込んでくるような感じがします。煎じ回数で味も変わってくるので、何煎じ目が自分にとって一番美味しいか探索するのも愉しみの一つかと思います。
 時間を掛けて、ゆっくりたっぷりとリラックスしたい時や、机に向かわなければならない時に良いかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

ヌワラエリヤ

Nuwaraeryal_2 Nuwaraeryac

 ヌワラエリヤ
名  称:紅茶
産  地:スリランカ ヌワラエリヤ ペドロ茶園
内容量:10g
等  級:FP
備  考:ペドロ茶園はラバーズリープ茶園のこと

 誰が何と言おうと乾いた香り。乾季の香りとしか例えようのない香り。水色は見ての通り。スリランカの紅茶にしてはダージリン並に淡い。
 渋味は、爽やか~な渋味があります。感じとしては中国茶に近いので、そっち向けのお茶菓子と共にいくのがよいかと。
 アイスティーにもいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

富士山紅茶

Hujisanteal Hujisanteast

Hujisanteam Hujisanteal2_2

 富士山紅茶
名  称:紅茶
産  地:静岡県富士山麓
値  段:?円
内容量:50g
備  考:製造及び販売は製茶鈴木園(代表は鈴木 利広氏)

 勿論国産紅茶。国産紅茶は基本的にはストレートが向くのだが(沖縄産はアッサム種なので除外)、これは珍しくミルクティーの方が美味しかった。
 渋味も少ないのでストレートでも美味しい。
 機械摘みなのか、葉が細かい。不揃いなのは地産地消のものか?と勘繰っている。

 香りは不思議な香り。日本茶のような紅茶のような、でも何か懐かしい香り。日本版キャンディと取れなくもない。
 生産者の方とお話しする機会がありましたので、伺ったところあまり数は生産していないとのことだった。というよりも、市場に乗せていないらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

一茶会心 抹茶ラテ 香料・乳化剤不使用

Macchalatte085 一茶会心 抹茶ラテ 香料・乳化剤不使用
名  称:乳飲料
製造者:古谷乳業㈱成田工場
販売者:㈱伊藤園
値  段:210円
内容量:200ml
熱  量:130kcal/200ml
備  考:お茶会用抹茶 霧の音100%使用

 ちゃんとアルミカップに入っているところが心憎し。種類別名称が乳飲料だが、美味しい。
 寒天入りでちょいととろりとしていて腹持ちがいい。点てられたお茶のような舌触りと後味があるので、お茶菓子も合う(この場合ちゃんとしたものでなくとも合う)。

 ただの抹茶ラテに飽きた人にオススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

綾 鷹 濃煎茶 抹茶入り

Ayataka  綾 鷹 濃煎茶 抹茶入り
名 称:緑茶
販売者:コカ・コーラナショナルビバレッジ㈱
値 段:120円
内容量:185g
備 考:宇治茶舗 上林春松本店(かんばやししゅんしょうほんてん)

 「急須で淹れたようなお茶」がコンセプト。創業450年を数えるお茶の老舗が市場参加した商品。

 入れ替わりの激しい中、8ヶ月持っているので、試してみた次第。見る限り高儀撃沈確定コース。
 案の定、大破炎上浸水轟沈(そこまでいうか・・・・・・)。かなり濃い目のお茶菓子があれば美味しく頂けるかもしれないが、そのまま飲むには相当厳しい。故に、濃い味が好きな人や慣れている人向き。
 
 常々疑問に思うのだが、何故濃いぃ~お茶が何もなしで平気で飲めるんだ?それとも普通のペットボトルのお茶で「う~ん・・・・・。」といっている自分の方がおかしいのか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »