« 闘茶一式 | トップページ | さくらコンフィチュール »

2008年12月14日 (日)

闘茶一式

 闘茶一式
名  称:煎茶
産  地:京都府宇治
値  段:1050(?)円
内容量:30g×2
備  考:㈱丸久小山園が手掛けたもの

 対決 巨匠たちの日本美術展で入手したもの。
 闘茶はやったことありますが、難しい。ただこれ、味覚がどうのとかいうレベルの問題じゃあない。あと、淹れる方の手筈が悪いともう駄目。ただ愉しむ目的ならば、身内で色々と試してみると面白い。特徴のあるお茶を、経験者が初心者に対して行うものは特に面白いといえよう。

 この飲み比べに入っているのは、江戸好みの深蒸濃口、萬福山と都好みのマイルド煎茶こと初みどり。
 自分は生まれも育ちも東京23区の某所。なので、馴染みがあるのは萬福山。しかし自分好みは初みどり。某人に「血か?」と突っ込まれましたがこれは関係ないと思う(3代以上前のご先祖様は石川県の坊主家系と秋田の士族)。

 香りは初みどりが海苔の香り。萬福山が濃い煎茶の香り(強いではなく、濃い)。
 味はやはり萬福山が後味まで強い。そして渋味が強くなるのも早い。
 初みどりはとろっとした感じで、柔らかい。後味はさっぱりとしている。冷めてくると何だか抜けた感じ。

 同じ和菓子を東西両方用意して、それぞれのお茶と合わせるのもいい。

|

« 闘茶一式 | トップページ | さくらコンフィチュール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/147982/26159920

この記事へのトラックバック一覧です: 闘茶一式:

« 闘茶一式 | トップページ | さくらコンフィチュール »