« Petit Beurre Sel de Guerande | トップページ | BERGENSK FISKESUPPE »

2009年2月 4日 (水)

NAHORHABI WHITETEA

Naharhabil Naharhabic

 NAHORHABI WHITETEA
名  称:紅茶
産  地:インド アッサム
値  段:1260円
内容量:20g
季  節:?(恐らく2ndフラッシュ)
等  級:ホワイト・ティー
備  考:ネットショッピングで入手

 珍しい(?)アッサムのホワイトティー。
 アッサムと言うと、先ず思い浮かべるのがミルクティー(←自分がアッサムのストレートを飲めるほどオトナじゃあないからな)。しかしこれは白い。
 
 ブログ内探すとダージリンのホワイトティーはあるが、アッサムはこれが初めて。
 茶葉の見た目はとても美事。そしてとても大きい。故にティーメジャーだと取り辛い。取ったら産毛がメジャーにたっぷりと付着する。

 茶葉そのものの香りは、苦手な人は苦手と思う。ドライフルーツを思わせるような香りとも言えなくはないのだが、自分としては有機化学の実験で嗅いだ事のある臭い。
 淹れてみるとそんなことはない。立ち上る香りも紅茶というよりは、やはり何処か果物を思わせる香り。勿論味も。甘いがくどくない。冷めても美味しく飲める。

 お茶請けと共というよりも、お茶単体で愉しむ向け。
 と書きつつ、自分はキラズ揚げの塩味をお茶請けにしていました(←殴)。

|

« Petit Beurre Sel de Guerande | トップページ | BERGENSK FISKESUPPE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/147982/27643584

この記事へのトラックバック一覧です: NAHORHABI WHITETEA:

« Petit Beurre Sel de Guerande | トップページ | BERGENSK FISKESUPPE »