« NAHORHABI WHITETEA | トップページ | Orange Peel in Dark Chocolate »

2009年3月 7日 (土)

BERGENSK FISKESUPPE

Bergenskp Bergensks Bergenskl

 BERGENSK FISKESUPPE
名    称:粉末スープ
製造者:
www.toro.no
原産国:ノルウェー 
輸入者:㈱ピボット・イン・ジャパン
表記語:ノルウェー語のみ
値  段:504円(特売品)
内容量:83g(4人前)
備   考:牛乳を加えて作る。

 多少英語が読めればノルウェー語での作り方も読める。ついでにちょいとの知識があればベルゲンがどこの国にあるのかもすぐ判る。そして魚のスープの「魚」が何であるかも。
 
 これはノルウェーの鱈のスープです。牛乳を加えて作ります。シールの日本語表記だと200mlとなっていますが、ノルウェー語の表記はdl(デシリットル)。
 小学生以来ですねーこの表記を見るのは。今でもデシリットルで教えているんでしょうか?余談ですが、国際単位が普及していなかった時の方々と話すとmlがccという単位に置換しています。あとpHを「ペーハー」と読んだり(今は「ピーエイチ」。ドイツ語読みか英語読みかの違い)。尤も話が通じているので直しやしませんが。

 話を元に戻して、流石漁業が盛んで自国消費しているお国。美味しい。
 入っている野菜は人参、玉葱、リーク、根セロリ、チャイブ。魚は鱈のみ。リークは確か西洋長ねぎと訳したかな?ここ近年日本でも生のリークが手に入るようになった。英国の粉末スープにもよく入っている。

 ちょっと違和感を感じたのが、人参の甘味。凍結乾燥で西洋人参を使っていると思うのだがー、甘味が強い。まるで雪中人参並み。あ、雪中人参て、雪の中から掘り起こす人参で、とても甘くて美味しいけど、畑がボロボロになると言われている人参(朝鮮人参よりはマシ?)。
 
 作る時に粉末スープの罠として、ダマになることに注意さえすれば、誰にでも作れる(現に料理が闇鍋と化する自分でも作れた位だからな)。魚に牛乳!?と思った人もいると思うが、クリームシチューに魚は入れないのか?と聞きたい。ホワイトソースと魚は合うと思うんだがなぁ・・・・・・。

|

« NAHORHABI WHITETEA | トップページ | Orange Peel in Dark Chocolate »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/147982/28512929

この記事へのトラックバック一覧です: BERGENSK FISKESUPPE:

« NAHORHABI WHITETEA | トップページ | Orange Peel in Dark Chocolate »