« まさかり南瓜のプリン | トップページ | トルコのお茶 »

2010年4月29日 (木)

Sakurahoujicha08p_2 Sakurahoujichac_2    Sakuravertp_2Sakuravertc_2Sakurateap_2Sakurateastc_2

 桜のお茶
産 地:日本国
等 級:TB
備 考:頂き物

 春限定商品。
 紅茶と緑茶と焙じ茶をそれぞれ1パックずつ頂いた。

 パッケージは好きなのだがね・・・・・・。
 いずれも香りが強過ぎ。焙じ茶はそうでもないが、紅茶は撃沈レベル。個人としては罰ゲームに近い。従ってミルクティーにしてみた。結果?何も言うまいて。
 
 ティーバッグ1pに対して110mlお湯を注ぐとあるのだが、ダージリンの2ndを普通に淹れても濃くて飲めないというような、自分のようなヤカラの味覚にはとてもではないが濃過ぎて飲めない(←結局何倍希釈したんだよ、オマエは)。
 お茶なら何でも好きだお。という方ならともかく、フレーバードや香料としての桜香が駄目という人は避けて通った方が無難。

 ちなみに天然香料≠天然そのものの香りなので、ご留意を。

|

« まさかり南瓜のプリン | トップページ | トルコのお茶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/147982/34937619

この記事へのトラックバック一覧です: :

« まさかり南瓜のプリン | トップページ | トルコのお茶 »