2010年3月28日 (日)

まさかり南瓜のプリン

Masakari Masakaripake

 まさかり南瓜のプリン
名  称:まさかり南瓜のプリン
製造者:㈱ネクストウィンズ ティフィンコトニ
値  段:315円
内容量:90g
備  考:まさかり岩男南瓜使用

 実は柔らかいのだが、皮が硬く鉞(マサカリ)でしか割れないから鉞南瓜。母曰く「2階から落としても割れない。」とのこと。甘くて美味しいそうだ。

 高儀自身の感想としては、「濃い。が、後味サッパリ。」
 母(道産子)は「昔食べた南瓜の味。」
 麿さん(妹)は「うん、かぼちゃ。」

 つまり結論としては、『プリンらしくない。それはさておき美味しい。』ということになる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

My Chocolate Gianduia

Lottemchocogp Lottemchocog

 My Chocolate Gianduia
名  称:チョコレート
販売者:㈱ロッテUS
値  段:105円
内容量:4枚
熱  量:29kcal/1枚
備  考:アーモンドはスペイン産100% ヘーゼルナッツはトルコ産100%

 他にはモカ味があった。
 食べきりサイズ。本来ならかなり重いジャンドゥーヤも、このサイズなら手が出しやすい。
 少しビターが効いたチョコレートに、ナッツの甘味が付いてくる。

 個人的にこの手のコンビニ商品は歓迎だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

Degus tation

Icammchocop Icammchoco

 Degus tation
名  称:チョコレート
製造者:ICAM
原産国:イタリア
輸入者:㈱エイム
表記語:伊、英、仏、西、葡ともう一つ。
値  段:228円
内容量:34g
備   考:ISO9001取得

 他にはビターとホワイトと珈琲。ビターと珈琲のパッケージの色が似ているので、ディスプレイしている人には気を使って欲しいものです。
 
 ミルクの匂いも強ければ、がっつりと甘い!ミルクは勿論味も濃い。味としてはスイスや南ドイツ、ベルギーのミルクチョコレートと味が似ている。
 量は少ないが、「あまり甘いのは・・・・。」という人は食べきるのが辛いかもしらん。
 ここはチョコレートよりもチョコレートケーキの方が美味しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

Porselana

Bonnat1 Bonnat2 Bonnat3 Bonnat4

 Porselana
名   称:チョコレート
販売者:ボナ ジャポン㈱
原産国:フランス
輸入者:プレジール セレクション ジャパン
表記語:仏語のみ
値  段:3600円
内容量:100g
備   考:
www.bonnat.co.jp カカオ分75%

 言わずと知れた老舗のチョコレートメーカー。創業は1884年。
 シングルビーンの板チョコレートを様々な種類出している。

 非常に香り高い(どっかのメーカーとは違って勿論香料なんか入れていませんよ)。
 果実のような甘酸っぱさと華やかな味。苦味も適度で心地好い。香り高いものは大体例に漏れず余韻が長い。
 余韻の後になればなるほどビター感が強くなっていく。

 この品質で100gというと、相当きつい。なので、幾人かでシェアした方がいい。値段から見ても。

 裏に書いてあるフランス語の説明を見ると、ベネズエラのマラカイボ湖の近くで年間1000㎏しか得られないものらしい(自分は全く外国語ができないので、信用しないで下さい)。
 読みはポルセラーナかポルチェラーナ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

POPART

Popoartp Popart

 POPART
名  称:チョコレート
販売者:㈱ブルボン
内容量:5本
熱  量:150kcal/5本
備  考:頂き物

 箱から取り出した時、意外に細ら長くて驚いた。
 パキコッとイイ音して折れるのだが、美味しいのだがしっかりと後味までミルク味なので、暖かい時には遠慮したい味。
 
 お茶のお供にはいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

ORINOCO

Orinoco1 Orinoco2

 ORINOCO
名   称:チョコレート
製造者:Guittard Chocolate Company
原産国:USA
輸入者:㈱シーエフシージャパン
表記語:英語
値  段:420円
内容量:56.7g
熱  量:56.7g/310kcal
備   考:カカオ分 38%

 デザインや色が格好イイと思える。サイズも小さくて手頃。値段は手頃くない。
 最高級のカカオ豆100%使用とある。オリノコというのが品種だろうか?

 香料は入っていないがバニラビーンズが入っている為かなりくどい香り。そしてミルクもくどい。
 その割りには後味はすっきり。ココアバターが上質な証拠だと思える。
 
 お汁粉に塩と同じ原理なのか、食塩が入っている。かといって塩味系のチョコレートではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

Orange Peel in Dark Chocolate

Oragepeelindarkchocolate_p  Oragepeelindarkchocolate_1 Oragepeelindarkchocolate

 Orange Peel in Dark Chocolate
名   称:チョコレート
製造者:Chocolove
原産国:USA
輸入者:㈱HERITAGE JAPAN
表記語:英語
値  段:450円
内容量:90g
熱  量:30g/150kcal
備   考:55% cocoa content

 下は33%から上は77%まで12種類。 流石に全種類取り揃えている店舗は見なかった。
 カラフルで手紙のようなデザイン(裏面も)。個人的な秀逸なデザインだと思う。

 入っている蜜漬けの果皮は、冷凍乾燥なのでシャクシャク食感。甘すぎずべたつかないので、言われないとモノが何なのか判りにくい。
 チョコレートも甘すぎず苦過ぎず程良い。そして後味がすっきりといているのであと引く味。

 他の種類↓。
 77%  Extra Strong Dark
  70%  Strong Dark
  65%  Rich Dark
  55%  Dark Orange、Raspberry、Cherry Almond、Chili cherry、Dark
  33%  Hazelnut Milk、Milk、Toffee in Milk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

Petit Beurre Sel de Guerande

Pbrrefbp Pbrrefb

 Petit Beurre Sel de Guerande
名   称:焼き菓子
製造者:Filet Bieu
原産国:フランス
輸入者:東京ヨーロッパ貿易(有)
表記語:フランス語
値  段:390円
内容量:100g(4枚入り×3袋)
備   考:他にはガレットのようなものとかシトロンとかがあった

 いくら外国語が全く駄目と言っても、これ位なら少し意味判ります(発音はともかく、読めなくもない)。
 バター25%、ゲランドの塩0.8%を使ったプチブール。
 でー、メーカーはブルターニュ地方の焼き菓子と言うか、郷土菓子を中心に取り扱っていると見受けられる。

 原材料は至ってシンプル。塩味は意外としっかり利いている。見た目は卵を使いました!という感じ。香りは香料が入っていないので、優しい。
 グルテンが少なく、食べ易い。お茶請けにぴったり。個人としてはダージリンのオータムナルがオススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

TATE'S Chocolate Chip Cookies

Tatescccp Tatesccc

 

  TATE'S Chocolate Chip Cookies
名   称:クッキー
製造者:TATE'S BAKE SHOP
原産国:アメリカ
輸入者:㈱ディーンアンドデルーカ ジャパン
表記語:英語
値  段:749円→599円
内容量:85g
備   考:お買い得品(20%オフ)を購入

 他にはオートミールレーズン、マカダミアナッツがあった。

 85gは大体9枚くらい。手作り感溢れる外見。比較的薄くてざっくり感満載。
 味は少し塩味が強いものの、あっさりとした味。またチョコチップが入っているのにもかかわらず、くどくなく甘過ぎず。
 勿論お茶との相性はいい。恐らく珈琲にも合うんだろうと思われる。

 調子に乗っていると後で苦しむ。何故ならばしっかりとおなかに溜まるからだ。
 
 割引価格でも自分にとっちゃあ"ご褒美価格"。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

Bixit

Bixit1 Bixit2

 Bixit
原産国:ノルウェイ
表記語:ノルウェイ、デンマーク語
内容量:1パック2枚入り
備  考:頂き物。オリジナルとあるので、他にも種類があると思われる。

 高儀はノルウェイ語もデンマーク語も分かりませんが、分からないなりに理解したこと↓。
 へーゼルナッツと乳を使った工場で製造しているということと、トランス脂肪酸の入った油は使っていないよと、原材料。
 原材料は砂糖と何かの糖類とポリデキストロース、植物油脂、シロップ、ベーキングパウダー、食塩。で、使われている穀物は恐らくトウモロコシとグラム小麦だと思う。ちなみに順不同。
 読めないなりの解釈なんで、ツッコミはご勘弁(え?翻訳ソフトを使えって?)。

 で、見た目で分かるようにファイバーな感じなので、食感はザクザク。そして北欧独特の味付け。つまり塩味が濃い。
 同じ北国でも英国やアイルランド、ロシアとかだとまた味付けが違う。英国でもハイランドとローランドじゃあまた違うケド。

 こう書くのもなんだが、ダイエッター向き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)